ハローベビーゼリーで産み分け | 科学的根拠からジンクスまで産み分け情報満載

産み分けにかける時間・費用を考える

産み分けを希望すると、自然妊娠よりも確率がどうしても下がってしまいます。
また、着床率は女性の年齢や出産歴など、様々な要因に左右されます。

 

一般的に、女性の年齢が若いほど着床率は高く、年齢が高くなるほど着床率は低くなります。
年代関係なく考えても、着床率は25%~30%程度と考えられています。
20代・30代・40代と分けて考えると、加齢に伴い確実に着床率が下がっていきます

 

また30代でも、38歳を境に劇的に着床率が下がるとも言われています。

 

卵子の元となる卵母細胞は、胎児である5カ月目頃が一番多く、出生時点では30万個程度になっています。
そこから増えることはなく、どんどん減少していくのみです。
つまり精子とは異なり、新しく誕生することはなく、加齢とともに老化していくのみなのです。

 

この卵子の老化が受精率・着床率を下げているのではないかと考えられます。
これは自然妊娠を希望しようと、産み分けを実施しようと変わることのない事実です。

 

産み分けをオススメできない人でも紹介していますが、夫婦が妊娠を希望して努力しても2年間子どもを授かれない場合は、不妊症である可能性があります。逆に言うと、不妊症でなければ2年間の間で自然妊娠することが可能と考えられるのです。産み分けでは、この確率を下げてしまうので、産み分けだけにこだわってしまうと、どんどん着床率が下がる⇒妊娠できないという結果を招きかねません

 

 

男の子が欲しいのか?女の子が欲しいのか?子どもが欲しいのか?

産み分けを考えたときに、根本的なところを見直す必要があります。

「男の子が欲しいのか?」

「女の子が欲しいのか?」
「自分の子どもが欲しいのか?」

ということです。
産み分けに挑戦するということは、夫婦で話し合った結果だと思いますが、
そもそもどのような理由で産み分けを実施しようとなったのかということです。

 

大半の方は「子どもが欲しい」⇒「できれば男の子(女の子)が欲しい」ではないでしょうか?
そうであれば、産み分けを実施する期間を決めておく必要があります。

 

上でも記載しているように、加齢とともに妊娠する確率というのは下がってきます。
産み分けだけにこだわってしまい、本質的な「子供が欲しい」ということがかなえられなくなるというのは、本末転倒ではないでしょうか。

 

いつまでは産み分けに挑戦、この期限がきたら自然に任せるなど、夫婦でしっかりと決めておいて欲しいものです。

 

あわせて、費用に関しても話し合っておく必要があります。
ハローベビーゼリー(ピンクゼリー・グリーンゼリー等も含む)を使用するにも、無料というわけにはいきません。
産み分けにかける費用はいくらまで、それ以上になる場合は自然に任せるという感じです。

 

どうしても「今までにいくら使ったのだから、費用を追加しても希望の性が欲しい」と思いがちですが、
産み分けのために生活を圧迫する事態にもなりかねませんし、
本質的な子供を授かりたいといいうことがかなえられなくなる可能性もあります。

 

費用と期間は、産み分け挑戦前にしっかりと話し合っておく必要があると思われます。


 
トップページ 男の子産み分け体験談 女の子産み分け体験談 妊娠前からの必須習慣