×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハローベビーゼリーで産み分け | 男女の産み分け方法を知ろう

男の子の産み分けは排卵日当日にチャレンジする

ハローベビーゼリー男の子の産み分けをする場合には、Y精子が卵子と受精をする必要があります。

Y精子の寿命は24時間程度と短いため、排卵日当日にチャレンジすることが重要です。

排卵日当日に挑戦した場合、X精子よりもスピードの速いY精子が受精する確率が高くなるためです。

 

ハローベビーボーイ(Hello,Baby Boy)で男の子産み分けをする

ハローベビーボーイ男の子の産み分けに挑戦する場合、膣内のpH値はアルカリ性になっている必要があります。

しかし、強い酸性に保たれている膣内をアルカリ性にするのは難しいため、アルカリ性に傾いている排卵日に、ハローベビーボーイを使ってさらにアルカリ性に近づけてあげることが好ましいです。

ハローベビーボーイを使うことで、酸性に弱いY精子が死滅する数を減らし、より多くのY精子がアルカリ性に保たれている膣内部に入ることができれば、X精子よりもスピードの速いY精子のほうが、受精できる可能性がさらに高くなります。

 



リン酸カルシウム(リンカル)を男の子産み分け挑戦2ヵ月以上前から摂取する

男の子産み分けを考える場合、男の子産み分け挑戦の最低でも2ヵ月前からリン酸カルシウム(リンカル)を摂取しましょう。

 

リン酸カルシウムは、もともとは胎児の無脳症などの先天性異常を予防するために開発されました。
しかし、服用している人に男の子が生まれる確率が高いということで研究された結果、服用した場合80%以上の確率で男の子を妊娠しているというデータが確認されたのです。(90%とも言われています。)

 

20年以上の実績および歴史があるリンカルですが、現在でも作用機序は解明されていないという部分もあります。

 

リン酸カルシウム(リンカル)は安全なの?

前述したとおり、もともと先天性異常を予防するために開発されており、20年以上の歴史の中で1例も弊害の報告はされていません。
また、リン酸カルシウムという名前から医薬品のようなイメージがありますが、実際には栄養補助食品ですので、妊娠希望者の間では有名な葉酸などと同様の位置づけと考えて問題ないでしょう。

 

また病院等でも「カルシウム製剤のため、服用することによって副作用等が起こるとは考えられない」というのが常識のようです。

 

リン酸カルシウム(リンカル)の摂取方法

リン酸カルシウム(リンカル)は、男の子産み分けに挑戦する2ヵ月以上前から、
毎日摂取する必要があります。
2日以上の飲み忘れは、体内のリンカルの成分が少なくなってしまい、
4日飲み忘れるとリンカルの効果を得ることができなくなってしまうといわれています。

 

つまり、リン酸カルシウム(リンカル)の効果をしっかりと受けたければ、
飲み忘れは禁物(忘れても1日)となるわけです。

 

忘れっぽい人は、飲み忘れないようにサプリケースなどを上手に利用していくことが必要でしょう。

 

リン酸カルシウム(リンカル)の入手方法

リン酸カルシウム(リンカル)を入手する方法としては、

  • 産婦人科で処方(販売)してもらう
  • 杉山産婦人科の通信販売を利用する
  • 通信販売(楽天市場等)を利用する

があります。
ネットオークションで販売されているケースもありますが、保存状態などが不明のため、オススメすることはできません。

 

最寄りの産婦人科でリン酸カルシウムを購入する場合、仕事をしている場合などなかなか受診が困難という方もいらっしゃるでしょう。
杉山産婦人科で購入する場合、会員登録料5,000円(初めての利用の場合)が必要となりますので、割高となってしまいます。

 

そう考えると、楽天市場等で入手するのが、簡単に安全に入手できる方法と考えられます。

 

⇒ リン酸カルシウム 楽天市場はコチラ

男の子の産み分けは、排卵予定日の5日前から禁欲する

Y精子はX精子に比べて寿命が短くいため、できるだけ数を多くしておく必要があります。
精子は基本的に毎日作られているものですので、禁欲することで濃度を濃くすることができます。
Y精子はX精子の約2倍の数がいますが、酸性の膣内では約半数が死滅すると考えられるため、
できるだけ生き延びる数を増やしてあげることが大切です。

男の子の産み分けには「濃厚」なセックスをする

ハローベビーゼリー排卵日が近づくと、子宮頸管よりアルカリ性の粘液が分泌され、膣内はややアルカリ性に近づいてきます。

 

さらに女性がオーガニズムを感じると、膣内がよりアルカリ性に近づきます

これは酸性に弱いY精子にとっては、非常に有利な条件の一つになり得ます。前戯にはしっかりと時間をかけ、女性が感じるようにすることが重要です。

 

そうはいっても、膣内が完全にアルカリ性になることはなく、酸性が中性に近づいているという状態です。

 

より多くのY精子が生き延びて卵子に出会う機会を作るためには、
膣内での移動距離を極力減らしてあげることです。

 

そのためには、できるだけ男性は深く挿入し、子宮に近い位置で射精するようにしましょう
そうすることで、Y精子に有利なアルカリ性の環境の中で
スピードの速いY精子が、X精子よりも先に受精することができるようになります。

 

セックスが終わった後もすぐに離れてしまうのではなく、
できれは30分程度は挿入したままにしておくと、妊娠する確率が上がるとも言われています。
男性が離れた後でも、女性は腰枕などをして足をしっかりと閉じて、
2~3時間は横になっていることが望ましいでしょう。

 


 
トップページ 男の子産み分け体験談 女の子産み分け体験談 妊娠前からの必須習慣