×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハローベビーゼリーで産み分け | 男女の産み分け方法を知ろう

女の子の産み分けは排卵日2日前にチャレンジする

ハローベビーゼリー女の子の産み分けをする場合には、X精子が卵子と受精をする必要があります。

X精子の寿命は2~3日と長く、Y精子の寿命は24時間と短いため、この寿命差を利用します。

またY精子はスピードが速いため、排卵日前に子宮内に到達したとしても、受精する卵子がまだないため、そのまま受精することなく死滅することになります。

 

排卵日2日前にチャレンジをした後は、1週間は禁欲生活をしてくださいl。
確実な避妊が行えるのであれば、避妊をすることでも問題ありません。

ハローベビーガール(Hello,Baby Girl)で女の子産み分けをする

ハローベビーガール女の子の産み分けに挑戦する場合、膣内のpH値は酸性になっている必要があります。

 

もともと膣内は酸性に保たれていますが、より確実にするためにはハローベビーガールを使いましょう。

 

ハローベビーガールを使うことで、酸性に強いX精子に有利な環境を作り、もともとX精子の2倍いると言われているY精子の数をできるだけ減らしてあげることができます。子宮内に到達するY精子の数を減らし、より多くのX精子を生き延びさせることが、女の子の産み分けには大切なことなのです。

 



女の子の産み分けは、精子の濃度を薄くする

精子は毎日作られていますが、射精すれば濃度は薄くなってきます。
精子の濃度が濃すぎても薄すぎても、妊娠はしにくいと言われています。

 

では、女の子を産み分けする場合には、どのくらいの濃度がいいのでしょうか。
それは人それぞれで個体差がありますが、大体3日に一度程度セックスをしている夫婦は、
女の子を授かりやすいと言われています。

 

排卵日2日前に、女の子産み分けのためにチャレンジをするわけですが、
その1週間前から3日に一度程度性交をし、精子の濃度を調整しておくとよいでしょう。

女の子の産み分けには「あっさり」としたセックスをする

ハローベビーゼリー女性がオーガニズムを感じると、膣内がアルカリ性に近づいてきます。

これは酸性に弱いY精子にとっては有利な条件となりますが、X精子にとっては不利な条件となってしまいます。

 

そのため、女性ができるだけオーガニズムを感じないようなセックスをすることが、女の子の産み分けでは大切になってきます。

 

また、膣のできるだけ浅い位置で射精をすることで精子の移動距離を長くし、

Y精子の数を減らすことも重要です。

 

挿入してすぐに射精となるくらいのあっさりとしたセックスをすることで、

女の子の産み分けをすることができるようです。

女の子の産み分けを考えるなら、男性の下着はタイトなものを着用する

Y精子には「熱に弱い」という特徴もあります。

 

そのため、男性がぴったりとしたタイプの下着を着用することで、
体温が発散されずに睾丸の温度が上がり、Y精子が死滅し、X精子が生き延びることができます。

 

女の子の産み分けを考え始めたなら、
男性はぴったりとしたボクサータイプやブリーフタイプなどの下着を選ぶようにしましょう。


 
トップページ 男の子産み分け体験談 女の子産み分け体験談 妊娠前からの必須習慣