ハローベビーゼリーで産み分け | 男女の産み分け方法を知ろう

カフェインはY精子の活動を活発化する

ハローベビーゼリーコーヒーや緑茶等に含まれるカフェインには、Y精子の活動を活発化する働きがあることが分かっています。

 

この性質を利用するためには、産み分けに挑戦する30分前に、男性がコーヒーなどのカフェイン入りの飲料を摂取することします
そうすることで、Y精子の活動が活発になり、男の子を授かりやすくなるのです。

 

女の子を希望する場合には、カフェインは摂取しないようにしましょう。

カフェインの過剰摂取は要注意

精子の活動が活発化するということで、
不妊治療の一環として、コーヒーを飲んだりすることがあります。

 

しかしながら、カフェインの過剰摂取(1日にコーヒー3杯分)は、精子のDNA情報を損傷し、
染色体異常のリスクを高めるという、アメリカの研究結果もあります。
なお、カフェインの摂取が、染色体異常を引き起こす原因は定かではないとされています。

 

また、女性がカフェインを摂取していると、生殖能力に影響があるという報告もあります。
反面、影響はしないという報告もあります。

 

カフェインと染色体異常・生殖能力との因果関係ははっきりとしていないというのが現状ですが、
今後因果関係がはっきりとしてくる可能性もゼロではありません。

 

「カフェインは悪い」と神経質になる必要はありませんが、
過剰摂取しないようにする方がよさそうです。


 
トップページ 男の子産み分け体験談 女の子産み分け体験談 妊娠前からの必須習慣